谷尻誠
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
谷尻 誠/TANIJIRI Makoto
day trip

1974年広島県生まれ。1994年から1999年まで本兼建築設計事務所勤務。1999年から2000年までHAL建築工房勤務。2000年 建築設計事務所suppose design office 設立。住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、アート分野でのインスタレーションなど、仕事の範囲は多岐にわたる。広島・東京の2ヵ所を拠点とし、共同代表の吉田愛と共にインテリアから住宅、複合施設など国内外合わせ多数のプロジェクトを手がける傍ら、穴吹デザイン専門学校特任講師、広島女学院大学客員教授、大阪芸術大学准教授なども勤める。
www.suppose.jp


日別アーカイブ: 2017年8月25日

THINK82

2週連続で開催されるTHINK!82回目は、アトリエ・ワン代表の塚本 由晴さんにお越し頂きます。アトリエ・ワンという名前には、犬の鳴き声の“ワン!”が元になっている程、動物や植物が好きで、人、動物、植物、建築が生き生きと共存し、様々な関係性をふまえた上で、人が自然と集まって来られるような建築を作りたいという塚本さん。その作品からは、様々なモノに愛情を持たれている優しさを感じる事が出来ます。

「建築」は、人の傍にいつも居てくれる大きな存在、とまるで生きているモノのように捉えられ、生まれるときがあって消えるときがある。そのモノやコト達が、しっかりと使命を果たし、喜んでいる使い方や関係を作り、“良い普通”を引き出す事を意識されている塚本さん。“ビヘイビオロロジー(振る舞い学)”という言葉を生み出され、人の振る舞い、自然の振る舞い、そして建築の振る舞い、それぞれがそこで生み出す振る舞いを建築やデザインを通して積極的に引き出す “コモナリティ(共有性)”のデザインを重要視されています。

また、都市空間にも関心を持たれ、東京の街を観察しユニークな建物を収集・調査した『メイド・イン・トーキョー』や、街の隙間に建てられた建物を集めた『ペット・アーキテクチャー・ガイドブック』を出版されました。無名な建築や不思議な建築をあえて纏められた意図や目的は、とても気になります。

存在しているもの全てが“生き生きとしている事”を大切に考えられている塚本さん。現代社会でバラバラになってしまった「個」をどの様に繋ぎ、これからの建築や都市空間を再考されているのか、しっかりとお伺いしたいと思います。みなさま、是非お越し下さい。

THINK_82
Date :9月 2日(土)
Open:19:00~
Start :19:30~
Place:広島市中区舟入本町15-1
サポーズデザインオフィス3階
3F-15-1 Funairihonmachi Nakaku Hiroshima
Entrance:¥1,000(予約不要)

 

※椅子席は先着100席までとなります。以降は立ち見となります。
※ご来場が多数の場合は入場をご遠慮頂く可能性がございます。予めご了承下さい。
※トーク終了後、アフターパーティとしてゲストを交えての懇親会をご用意しています。
※駐車場・駐輪場はございません。恐れ入りますが、近隣のご迷惑となりますので、公共交通機関でお越しいただきますようにお願いいたします。
facebook http://www.facebook.com/SupposeDesignOffice

 

Guest_塚本 由晴/Yoshiharu Tsukamoto
東京工業大学大学院教授。貝島桃代、玉井洋一とアトリエ・ワン主宰。東京工業大学大学院博士課程修了。博士 (工学) 。ハーバード大学大学院、UCLA、王立デンマーク美術アカデミー、コーネル大学、ライス大学、コロンビア大学大学院、デルフト工科大学などで客員教授を歴任。実作にミニ・ハウス、ハウス&アトリエ・ワン、BMW Guggenheim Lab、恋する豚研究所など。著書に「メイド・イン・トーキョー」「図解アトリエ・ワン」「空間の響き/響きの空間」「Behaviorology」「コモナリティーズ」「Windowscape」など。http://www.bow-wow.jp/index.html

<<今後のTHINKの予定>>
10月27日(金) ストライプインターナショナル代表 石川康晴さん http://www.stripe-intl.com/
11月12日(日) 青空THINK@袋町 Trunk Market


カテゴリー: 未分類 |